ティモ(TiMO) シミ

ティモ(TIMO)を使用すればシミにも効果を発揮する?

ティモ(TiMO)を使えばシミも薄くなる?

あのざわちんが完全協力して作られたオールインワンゲルのティモ(TIMO)。

 

このティモ(TIMO)ですが、ただのオールインワンゲルではないのです。

 

このティモ(TIMO)はお肌に魔法をかけるという、たった一つで導入液、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の7役を果たしてくれるという優れものでした。

 

さらに使い続けていくうちにどんどんお肌が美しくなり、なんでも5年前よりも綺麗なお肌になるとか。

 

しかも気になるシミが薄くなってきたという方が続出しているのです。

 

シミって年齢と共にどんどん出てくるものですから、シミ取り効果があるなんて、これは気になりますよね。

 

今回、ティモ(TIMO)のシミ取り効果を調べてみました。

 

ティモ(TIMO)の成分はどんなものかな?

ティモ(TIMO)にはシミ取り効果があるということですが、一体どんな成分がふくまれているのか、気になりますよね。

 

シミ取り効果だけでなく、保湿効果やエイジング効果などもありました。

 

その成分ですが、先端美容成分のアクアタイド、3種のヒアルロン酸、プラチナマリンコラーゲン、ノーベル化学賞受賞のフラーレン、フィフローBTX、植物幹細胞、グリチルリチン酸2K,ビタミンC誘導体、プラセンタ、プロテオグリカンなどが含まれています。

 

この膨大な成分は全て美肌へのアプローチをかけてくれるもので、様々な役割もありますが今回気になるシミを薄くする成分について見てみましょう。

ティモ(TIMO)のシミを薄くする効果のある成分はズバリこれだ!

ずばりシミが薄くなる成分について調べてみました。

 

ティモ(TIMO)のシミ取り効果で、グリチルリチン酸2Kとフラーレンという成分がかなりいい仕事をしてくれています。

 

このグリチルリチン酸2Kですが、美白化粧品には良く含まれている成分です。

 

成分は天然由来の甘草の根っこや茎から抽出されています。

 

この甘草は漢方で使われていることでも有名ですね。

 

このグリチルリチン酸2Kは抗炎症効果、抗アレルギー効果、解毒効果の効能があるそうです。

 

しみは色素沈着であり、それは日焼けや衣服の擦れなどの炎症の刺激によって、お肌の奥のメラノサイトという細胞からメラニン色素が異常発生するということで出来るものです。

 

つまり、このグリチルリチン酸2Kは炎症を抑えるというところから美白、色素沈着の原因を抑えるという効能で色素沈着を防ぐのです。

 

またフラーレンはノーベル化学賞受賞の成分ですが、これはビタミンCの172倍という抗酸化力をもっているそうです。

 

この抗酸化力によって、活性酸素が取り除かれる、つまりお肌へ有害なものもとりはらわれます。

 

このグリチルリチン酸2K、フラーレンの2つの成分がシミを薄くするという仕事をに担っていました。

 

この成分だからこそ、シミが薄くなるのですね。

ティモ(TIMO)は公式サイトで購入出来ます

ティモ(TIMO)ですがふんだんに美容成分が含まれているにも関わらず、コストパフォーマンスがとってもいいのです。

 

2980円なんて、ちょっと驚きではないでしょうか?

 

気になる方は公式サイトのみで販売ですから、お早めにチェックしてみてくださいね。

 

シミが薄くなって、美肌を手に入れてくださいね。

 

>>ティモ(TiMO)の最安値はこちら